コラム|西葛西、船堀の歯科・歯医者【関口歯科医院】

診療時間 日祝
9:30~13:00
15:00 ~19:00

休診日:木曜、日曜、祝日

〒134-0081
東京都江戸川区北葛西2-4-4

  • 地図

インプラントってどのくらいもつの?

皆さんこんにちは。

関口歯科医院です。

入れ歯やブリッジに比べて、天然歯に近い使い心地の義歯として人気のインプラント。
お手入れや日常生活に少し気をつけることで、入れ歯やブリッジよりも長く使用できるのも魅力です。

今回は、インプラントを長持ちさせるための秘訣をお話しします。

 

インプラントの平均寿命とは

インプラントに使われる素材は、純チタンやチタン合金です。
チタンは腐食しにくい素材のため、インプラント体が顎の骨の中で腐食することはありません。
またインプラントの上の人工歯がむし歯になることは、当然ですがありません。

噛み合わせに問題がない場合、インプラントの平均寿命はおよそ10年~15年程度と言われています。
保険の入れ歯で約5年、ブリッジで7~8年ですので、インプラントが長持ちする治療であることがわかります。

 

インプラントを長持ちさせるポイント

インプラントの寿命に大きく関わるのは、ご家庭での毎日のセルフケアと、歯科医院での定期的なメンテナンスです。
適切なブラッシングなどのセルフケアをおこたると、お口の環境が悪くなり、残った歯がむし歯や歯周病になりやすく、インプラントにも悪影響を与えてしまいます。

また、歯科医院で定期的なメンテナンスをきちんと受けることも大切です。
歯科医院で受けるメンテナンスで、インプラントに異常はないか確認し、しっかりクリーニングしてもらいましょう。

ほかにも、噛み合わせが悪い方、歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、インプラントにダメージを与えて寿命を短くしてしまうことがありますので、その治療を行うことでインプラントが長持ちします。
喫煙習慣のある方や糖尿病をお持ちの方も、歯ぐきや顎の骨が痩せることでインプラントの寿命が早まるケースがありますので、こちらも禁煙や病気の悪化を防ぐよう心がけましょう。

 

インプラント周囲炎に注意しよう

寿命を縮める一番の原因は、「インプラント周囲炎」です。
インプラント周囲炎は、歯周病と同じように歯ぐきの腫れや出血が初期症状ですが、歯周病より症状の進行が早いく、自覚症状があまりないことが特徴です。
インプラント周囲炎が悪化すると、インプラント体を埋めた歯槽骨が吸収され、インプラントがグラついたり抜け落ちたりしてしまいます。

予防のためには、普通の歯周病と同じく、毎日のブラッシングや歯科検診、プロによるクリーニングが効果的です。
元々歯周病の方はインプラント周囲炎になりやすいと言われていますので、とくに注意してケアしていきましょう。

 

まとめ

このように、適切なセルフケアと歯科医院での定期検診を行うことで、インプラントの寿命を延ばすことができます。
なかには40年近く使い続けることができた方もいらっしゃいます。
せっかく時間とお金をかけて治療したのですから、長く大切に使うようにしましょう。

当院では、インプラントをご希望の方にはカウンセリングを行っておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。