コラム|西葛西、船堀の歯科・歯医者【関口歯科医院】

診療時間 日祝
9:30~13:00
15:00 ~19:00

休診日:木曜、日曜、祝日

〒134-0081
東京都江戸川区北葛西2-4-4

  • 地図

合わない入れ歯にお困りならインプラントがおすすめ

皆さんこんにちは。

関口歯科医院です。

入れ歯は、ほぼすべての症例に適用することができる素晴らしい補綴治療です。

しかも、基本的には保険が適用されるため、経済性においても優れています。

けれども、「違和感が大きい」「噛みにくい」「外れる」といったお悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。

つまり、装着感や使用感においては、満足できない部分が大きい治療法ともいえます。

そんな合わない入れ歯にお困りの方には、インプラントがおすすめです。

インプラントとは?

インプラントとは、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込む補綴治療です。

入れ歯治療と同じように、ほぼすべての症例に適用することが可能です。

しかも、入れ歯治療に付随するデメリットのほとんどを解消することができる治療といえます。

違和感や異物感が極めて少ない

入れ歯は、大きな異物を口腔内に入れている状態なので、異物感や違和感が大きくなるのは仕方がありません。

そうした使用感の悪さは、入れ歯を調整したり、入れ歯に慣れたりすることで徐々に改善されていくものですが、そこには限界があります。

一方、インプラントは欠損部に天然歯と同じ形で人工の歯根と歯冠を設置することから、違和感や異物感は極めて少なくなります。

見た目に関しても、天然の歯と見分けることが難しくなるくらいです。

歯根があるからしっかり噛める

合わない入れ歯は、噛む度にずれたり外れたりします。

これは残った歯に支えとなってもらっているためです。

その点、インプラントは人工歯根と顎の骨が支えとなるため、天然歯と同じ構造を獲得することができ、しっかり噛んでもずれるようなことがないのです。

まとめ

このように、合わない入れ歯にお困りの方は、インプラント治療を検討されてみてはいかがでしょうか。

インプラントであれば、天然の歯のようにしっかり噛めて、見た目も美しく仕上げることができます。

何より、補綴物の使用感が大きく向上させることが可能となります。